キーワードで検索

複数のキーワードをスペースで区切って検索できます。

Q.新型コロナウイルス感染症により、主たる生計維持者が死亡しました。国民健康保険税の減免はありますか?

A.ご回答内容

■新型コロナウイルス感染症により、主たる生計維持者が亡くなった場合、減免の申請をしていただくことで、国民健康保険税が全額免除となる場合があります。
対象になるのは令和元年度の2月、3月分、令和2年度の税額です。
■手続きに必要なものは、以下のとおりです。
・国民健康保険税・介護保険料減免申請書(窓口にて配布)
・マイナンバーカード(または通知カード)及び運転免許証等の顔写真付きの身元確認書類(保険証等の顔写真の無いものの場合は2点)の写し
・死亡診断書
※減免の申請書の様式はホームページに公開しておりますので、様式を印刷していただき、郵送にてご提出していただくことになります。(様式郵送希望の場合は下記担当へ転送)
記載例(窓口またはホームページで確認可能)を参考に減免申請書にご記入いただき、添付書類とともに小松市役所医療保険課宛に郵送でご提出ください。
提出期限は令和3年3月31日(水曜日)です。(※当日必着)
■申請月の25日までに受付した減免申請については、原則、翌月に減免決定通知をお送りします。
※納付済みの保険税(料)が減免された場合は、還付します。(還付の通知書をお送りします)
■手続きの詳細はホームページにも公開しております。

【医療保険課 国保税担当】
(直通)0761-24-8148
(内線)3154・3165・3152

属性情報

カテゴリ
国民健康保険・年金  >  国民健康保険
更新日
2021年10月04日 (月)
アクセス数
178
このFAQはどのくらいお役にたちましたか?
  • 役に立たなかった
  • 役に立った

投稿