FAQをキーワードで検索

複数のキーワードをスペースで区切って検索できます。

よく検索されているキーワード

Q.父子家庭にはどんな支援がありますか?(A)

A.ご回答内容

■父子家庭に対する経済的な支援として、児童扶養手当制度、ひとり親家庭等医療費助成制度、ひとり親家庭放課後児童クラブ利用費助成制度があります。

◎児童扶養手当制度
■父子家庭、母子家庭等の世帯に支給される手当で、支給の対象は、18歳に達する日以後最初の3月31日までの間にある児童(障害のある児童は20歳未満)を監護している父または母または養育している人で、支給の各要件を満たしている方です。対象となるか否かについてこども家庭課にご相談ください。

◎ひとり親家庭等医療費助成制度
■18歳に達した年度末までの児童(障害のある児童は20歳未満)を監護しているひとり親家庭の父又は母とその児童、並びに父母のいない児童で、保険診療による入院、通院にかかる医療費を助成します。対象となるか否かについてこども家庭課にご相談ください。

◎ひとり親家庭放課後児童クラブ利用費助成
■小松市では、ひとり親家庭(母子・父子)の放課後児童クラブの利用料を月3,000円まで助成しております。
■対象はひとり親家庭の方で、小松市内の放課後児童クラブに通う1年生から6年生の児童を持つ父親または母親です。児童扶養手当と同じ所得制限があります。詳細についてはこども家庭課へご相談ください。

◎ひとり親家庭ファミリーサポート利用料助成
■児童扶養手当を受給中のひとり親またはひとり親医療の受給者には利用料補助制度があります。
■対象はひとり親家庭の、小松市内のファミリーサポート登録している会員で生後2ヶ月から小学校6年生までの子どもを持つ父親または母親です。詳細についてはファミリーサポートセンターへお問い合わせください。(直通:0761-58-1212 内線:4545 こまつアズスクエア1F カブッキーランド内)

■また、「こまつ父子会」という会があります。楽しい行事を通じて、父子家庭の情報交換を行ったりしています。詳細についてはこども家庭課にお問い合わせください。

【こども家庭課 家庭支援担当】
(直通)0761-24-8057
(内線)2176

属性情報

カテゴリ
子育て・介護・福祉  >  保育・家庭支援
更新日
2020年07月17日 (金)
アクセス数
321
このFAQはどのくらいお役にたちましたか?
  • 役に立たなかった
  • 役に立った

投稿