キーワードで検索

複数のキーワードをスペースで区切って検索できます。

Q.65歳になって介護保険証が届きましたがこれはなんですか? また、介護保険料を払う必要があるのですか?

A.ご回答内容

■65歳になると、介護保険の第1号被保険者に該当し、被保険者であることを証明する介護保険証が交付されます。介護保険証は将来介護が必要になった場合等に使用しますので大切に保管して下さい。

■65歳の誕生月の分から介護保険料を市へ納める必要があります。年度の途中で加入する場合、保険料は加入月数に応じて月割りで計算されます。保険料の通知は下記の日程で届きます。
★4月~7月に65歳になる人
 7月中旬(保険料の納付は7月~3月)
★8月~3月に65歳になる人
 誕生月の中旬(保険料の納付は誕生月~3月)

 ※被保険者の資格は誕生日前日に取得しますので、1日生まれの人は誕生月前月分の保険料からかかります。保険料の通知は誕生月前月中旬に届きます。

■翌年度以降の保険料の通知は毎年7月中旬に届きます。納期限は普通徴収(納付書、口座振替等)の場合は7月~3月の各月末(12月のみ25日)、特別徴収(年金天引)の場合は各年金支給月に天引きされます。

【医療保険課 介護保険担当】
(直通)0761-24-8148
(内線)3154・3164・3166

属性情報

カテゴリ
子育て・介護・福祉  >  介護・高齢者福祉
更新日
2022年05月11日 (水)
アクセス数
45
このFAQはどのくらいお役にたちましたか?
  • 役に立たなかった
  • 役に立った

投稿