キーワードで検索

複数のキーワードをスペースで区切って検索できます。

Q.後期高齢者医療で2割負担の対象になるのは、どのような人ですか

A.ご回答内容

■3割負担の人を除き、次の12満たす人が2割負担になります。
1同世帯の後期高齢者のうち、課税所得(所得から所得控除(基礎控除や社会保険料控除等)を差し引いた後の金額)が最大の人の課税所得が28万円以上
2-1【同世帯に後期高齢者が一人の場合】
後期高齢者の年金収入+その他の合計所得金額が200万円以上
2-2【同世帯に後期高齢者が二人以上の場合】
後期高齢者の年金収入+その他の合計所得金額が320万円以上

■令和4年10月1日からの負担割合の判定は、令和4年8月以降に行われます。判定がされるまでは、自身が2割負担に該当するか等のお問い合わせには、お答えできかねますので、ご了承ください。

【医療保険課 後期高齢者医療保険担当】
(直通)0761-24-8148
(内線)3165・3164・3158

属性情報

カテゴリ
国民健康保険・年金  >  高齢者の医療
更新日
2024年04月23日 (火)
アクセス数
209
このFAQはどのくらいお役にたちましたか?
  • 役に立たなかった
  • 役に立った

投稿