キーワードで検索

複数のキーワードをスペースで区切って検索できます。

Q.松東地区の公共交通はどのように変わりますか?なぜ路線バスの大杉線、尾小屋線が短くなるのですか(A)

A.ご回答内容

■路線バスの大杉線・尾小屋線は、北鉄加賀バス(株)が運行している路線ですが、これまで利用人数が少なく赤字により、北鉄加賀バス(株)にとって運行が厳しい状況であり、運行本数を削減して維持してきましたが、これ以上運行することができない状況となっており、地域住民が、路線バスを利用して外出しづらい環境となっています。
何とか当地区の公共交通を維持するため、大杉線、尾小屋線において、利用が少ない区間を一部廃止し、廃止した区間に予約があった時にのみ運行する予約型乗合タクシーを運行し、路線バスと繋ぐことで、松東地区の公共交通を確保します。
また、これまで大杉地区の方は大杉線、尾小屋地区の方は尾小屋線と1本の路線を利用されていましたが、予約型乗合タクシーで双方の路線の拠点(江指・ほのぼの松東)を繋ぐことで、大杉線・尾小屋線の双方を利用できることになります。
※路線バスの大杉線は「小松駅又は市民病院」から「せせらぎの郷」、尾小屋線は「小松駅」から「小松特別支援学校前」(新設)までの運行になります。

【地域振興課】
(直通)0761-24-8397
(内線)3692・3691

属性情報

カテゴリ
都市づくり・交通・防災  >  交通
更新日
2022年11月21日 (月)
アクセス数
53
このFAQはどのくらいお役にたちましたか?
  • 役に立たなかった
  • 役に立った

投稿