キーワードで検索

複数のキーワードをスペースで区切って検索できます。

Q.一般不妊治療について、教えてください(A)

A.ご回答内容

■対象の治療は、タイミング療法、薬物療法、手術療法、人工授精など、及びこれらに付随する検査です。
■助成金額は、1年間あたり5万円。ただし、自己負担額の2分の1以内です。
(小松市以外の不妊治療に関する助成事業などを利用されている場合はお知らせください)
■助成期間は、2年間。ただし、やむをえない事情により治療を中断した場合は除きます。
■申請期間は、治療を受けた月の翌月から2年以内に申請してください。
(申請日からさかのぼり、2年間を過ぎた治療は対象外となります)
■助成対象者は、次の要件を全て満たすご夫婦です。
(1)夫婦(事実婚を含む)の両方またはどちらかが、助成を申請している診療日の初日より1年以上前から申請日まで引き続き小松市内に住民票がある方
(2)医療保険に加入している方
■申請方法は、次の提出書類を持参し、小松市すこやかセンターへ申請してください。
(1)一般不妊治療医療機関受診等証明書(ホームページよりダウンロード、または窓口で受け取り、医療機関で記入してもらってください)
(2)夫婦それぞれの保険証(写しでも可)
(3)振込先がわかるもの
(4)戸籍謄本(夫婦で住所が異なる方、事実婚である夫婦)
(5)住民票(夫婦で住所が異なり小松市に住民票がない方)
(6)事実婚に対する申立書(事実婚である夫婦)申請書の用紙は窓口にあります。
※小松市一般不妊治療費助成交付申請書の用紙は窓口にありますが、ホームページから事前にダウンロードしても利用ができます。

【すこやかセンター】
(直通)0761-21-8118
(内線)4100

関連するURL

属性情報

カテゴリ
健康・衛生・病院  >  健康づくり
更新日
2024年01月12日 (金)
アクセス数
56
このFAQはどのくらいお役にたちましたか?
  • 役に立たなかった
  • 役に立った

投稿