キーワードで検索

複数のキーワードをスペースで区切って検索できます。

Q.住民票と戸籍の違いは、何ですか?(S)

A.ご回答内容

★住民票とは?
住民票とは「居住関係を証明するもの」と言われています。
つまり、市町村が住民について「住んでいること」を証明するものです。
なお、市民に交付する住民票の写しには「氏名」、「生年月日」、「性別」、「住所」、 「住民となった年月日」、「届出日及び従前の住所」等が記載されています。
「世帯主の氏名と世帯主との続柄」、「本籍及び筆頭者氏名」、「住民票コード」、「個人番号(マイナンバー)」も要望により、記載することができます。

★戸籍とは?
戸籍とは「日本国民についての身分関係を登録・公証するもの」と言われています。
つまり、日本国民についての出生、親子関係(父母の氏名、続柄)、養親子関係、婚姻・離婚、死亡等を記録・証明するものです。
また、兄弟姉妹等の親族関係についても証明できます。
戸籍には「本籍」、「筆頭者氏名」、同じ戸籍に記録されている者の「名」、「生年月日」、「父母の氏名」、「出生地」、「婚姻日」等が記録されています。

【市民課 戸籍担当】
(直通)0761-24-8064・8065・8066
(内線)2190・2191

属性情報

カテゴリ
暮らしと環境  >  住民票・戸籍・証明
更新日
2024年02月29日 (木)
アクセス数
115
このFAQはどのくらいお役にたちましたか?
  • 役に立たなかった
  • 役に立った

投稿