キーワードで検索

複数のキーワードをスペースで区切って検索できます。

Q.国民健康保険に加入している人が入院した場合、入院時の医療費の請求が減額される制度について教えてください。(A)

A.ご回答内容

■事前に「限度額適用認定証」の交付を受け、医療機関に提示すると、医療費の窓口での支払額が自己負担限度額までとなります。また、住民税非課税世帯の人は、食事代も減額となります。「限度額適用認定証」の交付前の食事代については、払い戻しの対象となる場合があります。ただし、70~74歳の人で、課税世帯でかつ課税所得が145万円未満または690万円以上の人は、被保険者証兼高齢受給者証を提示することで医療費の窓口での支払額が自己負担限度額までとなるため、限度額適用認定証は交付されません(申請不要です)。
同月内に複数の医療機関での支払いがあった場合は、高額療養費の申請が必要になる場合があります。
令和元年8月からは、被保険者証に70歳~74歳までの自己負担割合が記載されているので、高齢受給者証は発行されません。
■申請場所は小松市役所医療保険サポートセンター、南部行政サービスセンター、小松駅前行政サービスセンターです(小松駅前行政サービスセンターの場合は後日郵送になります)。
■申請に必要なもの
(1)窓口に来られる人の身元確認書類(運転免許証など官公署発行の顔写真付のものは1点。健康保険証など顔写真付でないものは2点。)
(2)世帯主の印鑑(スタンプ式のものを除く。署名の場合は不要)
(3)国民健康保険被保険者証
(兼高齢受給者証)
(4)世帯主・対象者の個人番号カードまたは通知カード
※同一世帯に属していない代理人が申請する場合は郵送となります。
 (委任状があれば,窓口渡し可)
※ただし、70歳未満の人で国保民健康保険税に滞納がある場合は、交付を受けられない場合があります。
※自己負担限度額については、「国民健康保険に加入している時、いくらから高額医療に該当しますか?」を参照
★さらに詳しい内容のお問い合わせについては、医療保険サポートセンターの担当におつなぎします。

【医療保険サポートセンター 国民健康保険担当】
(直通)0761-24-8059
(内線)3152・3153・3165

属性情報

カテゴリ
国民健康保険・年金  >  国民健康保険
更新日
2021年04月28日 (水)
アクセス数
654
このFAQはどのくらいお役にたちましたか?
  • 役に立たなかった
  • 役に立った

投稿