キーワードで検索

複数のキーワードをスペースで区切って検索できます。

Q.学生納付特例制度について教えてください(S)

A.ご回答内容

■日本国内に住むすべての人は,20歳になった時から国民年金の被保険者となり,保険料の納付が義務づけられていますが,学生については,申請により在学中の保険料の納付が猶予される「学生納付特例制度」が設けられています。
ご本人の所得が一定以下(注1)の学生(注2)が対象となります。
(注1) 本年度の所得基準(申請者本人のみ)
118万円+扶養親族等の数×38万円+社会保険料控除等
(注2) 学生とは,学校教育法に規定された大学(大学院),短期大学,高等専門学校,専修学校及び厚生労働省令で定める各種学校その他の教育施設の学生等,夜間部,定時制課程及び通信制課程の学生を含む。
■申請窓口は,小松年金事務所,市役所医療保険サポートセンターまたは南部行政サービスセンター、小松駅前行政サービスセンターです。 
■申請に必要なものは
(1)マイナンバーのわかるものまたは基礎年金番号のわかるもの(年金手帳・納付書など)
(2)当該年度有効の学生証(コピー可)
(3)身分証明書(運転免許証等顔写真付のものは1点、顔写真付でないものは2点)
(注)失業などにより,学特申請を行う場合は,雇用保険の「雇用保険受給資格者証」または「離職票」の写しなども必要になります。
(4)印鑑(スタンプ式のものを除く。被保険者本人が署名する場合は不要。) 
■代理の人の場合は,申請者の印鑑,代理の人の身分がわかるもの(運転免許証等顔写真付のものは1点、顔写真付でないものは2点)が必要です。
■学生納付特例期間は,将来受け取る年金の受給資格期間に算入されますが,年金額には反映されませんので,保険料の追納(後払い)をご利用ください。
■お問い合わせ先
 【小松年金事務所】 電話:0761-24-1791

【医療保険サポートセンター 国民年金担当】
(直通)0761-24-8060
(内線)3158・3166・3152・3163

属性情報

カテゴリ
国民健康保険・年金  >  国民年金
更新日
2021年04月28日 (水)
アクセス数
430
このFAQはどのくらいお役にたちましたか?
  • 役に立たなかった
  • 役に立った

投稿