キーワードで検索

複数のキーワードをスペースで区切って検索できます。

Q.国民年金をもらうときの手続きについて教えてください。(60歳から64歳繰上げ請求)(S)

A.ご回答内容

■国民年金の老齢基礎年金は65歳から受けるのが基本です。ご本人が希望すれば60歳から受けることができます。この場合,受ける年金額が65歳から受け始める年金額に比べ減額されます。減額は一生続きますので注意が必要です。
■減額率は、受給を希望し請求した月から65歳になる月の前月までの月数に応じて1か月減るごと0.5%ずつ低くなります。繰上げ請求を行う月によって減額率は異なります。
■繰上げ請求したあと障害になり,程度が重くなっても障害基礎年金は受けられません,また寡婦年金も受けられません。
■手続きは,市役所医療保険サポートセンター(第3号被保険者期間があるときは小松年金事務所,各共済組合)で裁定請求と同時に行えます。
■お問い合わせ先
 【小松年金事務所】 電話0761-24-1791   

【医療保険サポートセンター 国民年金担当】
(直通)0761-24-8060
(内線)3158・3166・3152・3163

属性情報

カテゴリ
国民健康保険・年金  >  国民年金
更新日
2021年04月28日 (水)
アクセス数
446
このFAQはどのくらいお役にたちましたか?
  • 役に立たなかった
  • 役に立った

投稿