キーワードで検索

複数のキーワードをスペースで区切って検索できます。

Q.日本年金機構から、公的年金等の受給者の扶養親族等申告書が送られてきましたが、どうすればよいですか(A)

A.ご回答内容

■公的年金について、源泉徴収の対象となる人へ「扶養親族等申告書」をお送りします。全国に分散して発送しますので、10月上旬までには、お手元に届く予定です。
年金から源泉徴収する所得税の計算のために必要な申告書になります。
提出いただけない場合、提出いただいた場合よりも多くの所得税が源泉徴収される場合がありますので、お手元に届きましたら、記載されている期限内の提出をお願いいたします。
■提出にあたっては、同封している返信用封筒に、切手を貼って、投函してください。
■ご記入にあたって
・前年分の扶養親族等申告書を提出いただいている人は、お送りする申告書に、予め前年の申告内容を印刷しています。内容を確認いただき、前年の申告内容に変更がない場合は、申告書の “ア.前年から「変更なし」で申告します。” に〇をして、署名、捺印のうえ、提出してください。他の項目の記入は、不要です。
・源泉徴収票に扶養親族等の氏名を記載する必要があります。扶養親族等申告書をもとに日本年金機構で扶養親族等の氏名等を確認しますので、ご記入の際には、楷書体のわかりやすい文字でのご記入をお願いいたします。
■扶養親族等申告書のご提出にあたり、記入方法やご不明な点がありましたら、扶養親族等申告書お問い合わせダイヤルまたは小松年金事務所にお問合せください。
 【扶養親族等申告書お問い合わせダイヤル】0570-081-240
 【小松年金事務所】 電話:0761-24-1791

【医療保険課 国民年金担当】
(直通)0761-24-8060
(内線)3158・3160・3166・3152

属性情報

カテゴリ
国民健康保険・年金  >  国民年金
更新日
2023年05月31日 (水)
アクセス数
1,036
このFAQはどのくらいお役にたちましたか?
  • 役に立たなかった
  • 役に立った

投稿