FAQをキーワードで検索

複数のキーワードをスペースで区切って検索できます。

よく検索されているキーワード

Q.後期高齢者医療保険料の決定通知が届きました。去年より金額が上がっているのはなぜですか?

A.ご回答内容

■今年度から支払回数が変更になり、4月~6月は納付がなく、7月~翌年3月までの9回で1年間の保険料を納めていただくことになりました。12ヶ月分を9回に分けて支払うので、年間の保険料が去年と同じ金額でも1回の納付金額は高くなります。

★今年の保険料が10,692円の場合
制度改正があり、去年均等割(47,520円)の8.5割軽減を受けていた人は、今年度は7.75割軽減に変わります。そのため年額7,128円だった人は、年額10,692円に上がっています。

★今年の保険料が14,256円の場合
75歳以上で年金が80万円以下の人の保険料について制度の改正があり、昨年度の保険料が9,504円だった人は年額4,752円上がっています。ただ、介護保険料が年額5,700円下がっているので、全体として見ると、約1,000円の減額となります。

■保険料は前年の所得によって計算されています。前年の所得が今までより上がっている可能性があります。
または、後期高齢者医療保険に加入する前に、社会保険などの被扶養者であった人は、保険料の負担が急激に変わらないように均等割が特例的に軽減されていましたが、31年度から、その期間が資格取得後2年間となりました。そのため、今まで軽減されていた人で、資格取得後2年以上経っている人は、今年度の保険料が上がっています。

【医療保険サポートセンター 後期高齢者保険担当】
(直通)0761-24-8148
(内線)3163・3164

属性情報

カテゴリ
国民健康保険・年金  >  高齢者の医療
更新日
2020年07月13日 (月)
アクセス数
82
このFAQはどのくらいお役にたちましたか?
  • 役に立たなかった
  • 役に立った

投稿