キーワードで検索

複数のキーワードをスペースで区切って検索できます。

Q.なぜ、後期高齢者の保険証に2割負担の区分ができるのですか?

A.ご回答内容

■令和4年度以降、団塊の世代が75歳以上となり始め、医療費の増大が見込まれています。
後期高齢者の医療費のうち、窓口負担を除いて約4割は、現役世代の負担となっており、今後も拡大していく見通しとなっています。
今回の窓口負担割合の見直しは、現役世代の負担を抑え、国民皆保険を未来につないでいくためのものです。

【医療保険課 後期高齢者医療保険担当】
(直通)0761-24-8148
(内線)3165・3164・3163

属性情報

カテゴリ
国民健康保険・年金  >  高齢者の医療
更新日
2023年05月31日 (水)
アクセス数
193
このFAQはどのくらいお役にたちましたか?
  • 役に立たなかった
  • 役に立った

投稿