FAQをキーワードで検索

複数のキーワードをスペースで区切って検索できます。

よく検索されているキーワード

Q.国民健康保険加入している時、いくらから高額医療に該当しますか?(払い戻しになりますか?) (区分や基準を教えてください)(F)*

A.ご回答内容

高額療養費として払戻しになる金額の基準となる自己負担限度額は、被保険者の年齢や所得によって異なります。★70歳未満の場合
■自己負担限度額は、合計所得が210万円以下の場合57,600円、210万円超600万円以下の場合80,100円、600万円超901万円以下の場合167,400円、901万円超の場合252,600円です。世帯主と被保険者が全員住民税非課税の場合は35,400円から適用となります。この場合の自己負担限度額は、医療機関ごと、同じ医療機関の場合には医科、歯科別で1件21,000円以上のものが対象となります。
■合算対象となる医療費や、いくらから適用になるかの区分、実際に払い戻しになる額については、過去1年間のに高額療養費の支給対象となる月が4月以上ある場合等、上記金額より減額された自己負担限度額となる場合がありますので、医療保険サポートセンターへお問い合わせください。

 

★70歳以上の場合
○医療を受けた人の負担割合は2割ですか3割ですか?
 ★2割の場合
 ■医療機関及び薬局で支払った医療費(自己負担額)が、外来のみで18,000円、入院があった場合57,600円を超えた場合、高額療養費の適用となります。
 ■世帯主と被保険者が全員住民税非課税の場合は外来のみで8,000円、入院があった場合24,600円または15,000円から適用となります。
 ★3割の場合
 ■自己負担限度額は、世帯内の70歳~74歳の国保加入者の課税所得によって異なります。課税所得が145万円以上380万円未満の場合80,100円、380万円以上690万円未満の場合は167,400円、690万円以上の場合252,600円から適用となります。なお、過去1年間のに高額療養費の支給対象となる月が4月以上ある場合等、上記金額より減額された自己負担限度額となる場合があります。また、平成30年7月以前の自己負担限度額は、上記と異なりますので医療保険サポートセンターに問い合わせください。

■合算対象となる医療費や、いくらから適用になるかの区分、実際に払い戻しになる額については、医療保険サポートセンターで確認する必要がありますので、お問い合わせください。

○高額療養費の申請方法については、「 国民健康保険の高額療養費を申請したいのですが。(F) 」参照。
参考URL https://www.city.komatsu.lg.jp/soshiki/iryouhoken/kokuminkenkouhoken/kyuufu/4318.html

 

 

【医療保険サポートセンター 国保・国民年金担当】

(直通)0761-24-8059

(内線)3158・3157・3152・3155

属性情報

カテゴリ
国民健康保険・年金  >  医療の給付
更新日
2019年07月18日 (木)
アクセス数
226
このFAQはどのくらいお役にたちましたか?
  • 役に立たなかった
  • 役に立った

投稿