キーワードで検索

複数のキーワードをスペースで区切って検索できます。

Q.60歳以上でも国民年金に加入できますか?(A)

A.ご回答内容

■60歳になれば、国民年金に加入する資格を失いますが、老齢基礎年金を受けられる加入期間(10年)を満たしていない人や年金額を満額に近づけたい人は、60歳を過ぎても国民年金に加入することができます。これを高齢任意加入被保険者といいます。
■高齢任意加入被保険者は、日本国内に住所がある60歳以上65歳未満の人が、65歳までの間に任意に加入することができます。また、昭和40年4月1日以前に生まれた人については、70歳までの間に年金を受けられる加入期間を満たすまで特例的に任意加入することができます。
■手続きをしたときから加入することとなり、保険料を納めないと資格を失います。詳しくは小松年金事務所でご確認ください。手続きは予約優先となりますので、基礎年金番号のわかるものをご用意のうえ、小松年金事務所に予約してください。
■お問い合わせ先
 【小松年金事務所】 電話0761-24-1791

【医療保険課 国民年金担当】
(直通)0761-24-8060
(内線)3158・3166・3152・3163

属性情報

カテゴリ
国民健康保険・年金  >  国民年金
更新日
2022年05月11日 (水)
アクセス数
273
このFAQはどのくらいお役にたちましたか?
  • 役に立たなかった
  • 役に立った

投稿